饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(53)

中国の次期指導者・胡錦濤を品定めした米ブッシュ政権

西川恵
執筆者:西川恵 2002年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米

 中国の次期指導者と目されている胡錦濤国家副主席(五九)が、四月二十七日から五月三日まで、米国を初めて公式訪問した。 滞在中の会談相手はブッシュ大統領をはじめ、チェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官、オニール財務長官、上下両院の重鎮議員と多岐にわたった。同副主席はこの秋、中国共産党大会で江沢民総書記(国家主席)の後任に選ばれ、来春に国家主席ポストを引き継ぐとみられており、これを前に米国の首脳と意見交換し、信頼関係を築くのが狙いだった。 ただ、訪米時にはメディア向けのパフォーマンスで米世論を引きつけた江沢民国家主席や朱鎔基首相と違い、同副主席は米メディアのインタビューに応じず、記者会見も持たなかった。能吏の生真面目な性格もあるが、「禅譲」を前に、突出して中国国内の反発を買わないよう気を遣ったようだ。 三十日夜、パウエル国務長官主催の夕食会が催された。海老とムール貝のグリル、トマトのビネグレットソースで子牛のヒレ肉、黒胡椒とリンゴソース、ポテトとネギのガレット添えアーモンドのメレンゲ ジョリエス・シャルドネ00 エシュロン・ピノ・ノワール98 ワーキングディナーであり、料理は実質的で、ワインも軽めのカリフォルニア産。乾杯用のスパークリングワインも出ていない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順