管理国家シンガポール ほの見える変化の芽

執筆者:浅井信雄 2002年8月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史

「シンガポール人とは何か」――人口も資源も乏しく、国境を越えて広く人材を募った時代から、シンガポール人自身のアイデンティティ(帰属意識)が議論される時代になってきた。「現代の孔子」と俗称されるシンガポールの老指導者リー・クアンユー氏。一九五九年、英国から自治権を得て首相に就任した人民行動党(PAP)のリー氏は、いまも上級相として「院政」以上の権力を握っている。九七年の総選挙で八十三議席中、八十一議席も確保した人民行動党の安定支配がまだ続く。 マレーシアの一部だったこの国を私が訪問した六五年、そこは牧歌的風景に溢れていたが、いまや経済競争力で世界の上位を保つ近代国家として異例の繁栄をとげた。これでは野党の出番がない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順