インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

イラク攻撃に向け激化するCIAとペンタゴンの主導権争い

春名幹男
執筆者:春名幹男 2003年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

「片道切符や銃弾一発の費用は(戦費より)かなり安いとは言える」――。十月一日のホワイトハウスでの記者会見でアリ・フライシャー米大統領報道官はそんな言い方をして、フセイン・イラク大統領の追放や暗殺を歓迎する意向を表明した。 フライシャー報道官は、ジョシュ・ボルテン次席補佐官や大統領のスケジュール担当秘書ブラッド・ブレークマン氏らと並んで強力なユダヤ系のホワイトハウス・スタッフだから、アラブ系の人たちから強い嫌悪感が示された。だがそれ以上に、一部の情報専門家からは「暗殺は容易ではない」との強い疑問が出された。 実はこれまでにも何回か、フセイン大統領の暗殺が企図されたが、いずれも未然に発覚、関係者多数が処刑されているのだ。 フセイン大統領を取り巻く、情報・治安機関の網は二重、三重に張り巡らされ、打ち破るのは至難の業のようだ。 イラク情勢に詳しい米国際セキュリティ・アナリスト、ケン・ガウス氏によると、フセイン大統領は旧ソ連のスターリン首相の手法をまねて治安を締め付け、自分自身の安全強化を図ってきたという。治安および大統領のボディガードを担当するトップは大統領の二男クサイ氏と、大統領の個人秘書で大統領事務局の局長アブド・アルハミド・マフムード・アルティクリティ中将の二人、とガウス氏は指摘する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順