インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

イラク攻撃を目前にロシア情報機関の「秘策」とは

春名幹男
執筆者:春名幹男 2003年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 中東

 イランの最高指導者ハメネイ師に近い日刊紙『エンテハーブ』が年明けの一月二日、意外なニュースを報じた。フィッシャー・ドイツ外相がハラジ・イラン外相との電話会談で、ブッシュ米政権はプーチン・ロシア大統領の助けを得てフセイン・イラク大統領を無血で打倒するクーデターを模索している、と明かしたというのだ。 ドイツ外務省は両外相が電話で会談したことは認めたが、その内容の確認は拒否した。実はブッシュ政権は、イラクでフセイン打倒クーデターが起きることを半ば期待してはいるのだが、米国務省のバウチャー報道官は「具体的な提案を積極的に推進していることは関知していない」と述べるにとどまった。だが、米独両政府とも報道内容を全面否定しなかった。 エフゲニー・プリマコフ元ロシア首相も最近、無視できない発言をしている。プーチン大統領が近くバグダッドを訪問し、フセイン大統領に対して辞任を求め、ロシアに亡命するよう働き掛ける可能性があるというのだ。 世界は、米軍のイラク攻撃に向けて動いている。だが、イラク攻撃を止めようとする、無視できない動きもあることを忘れてはならない。ロシアやドイツに加え、中東諸国やフランスの動向も見逃せない。冒頭の話は、一部の秘密工作が露見したと言えなくはない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順