饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(61)

日蘭の新たな関係に道を拓いたオランダ軍大将

西川恵
執筆者:西川恵 2003年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 第二次大戦中、日本軍によって慰安婦とされた女性に対する「償い事業」を行なってきた「アジア女性基金」(正式名称「女性のためのアジア平和国民基金」)は昨年十二月、七年間の事業を終えた。この償い事業は国民の募金(約五億六千五百万円)に基づく「償い金支給」と、政府拠出金(十三億円)による「医療・福祉支援」からなる。アジアではフィリピン、韓国、台湾で計二百八十五人が償い金と支援を受けた。一人平均五百万円相当(フィリピンでは物価水準に合わせ三百二十万円)。元慰安婦を特定できないインドネシアでは、高齢者を対象とした施設五十カ所を十年かけて建設中だ。 償い事業には反対もあった。日本政府の公式謝罪と直接補償を求める女性や支援団体は「基金は日本政府の防波堤となって補償の道を閉ざしている」と批判した。しかし高い評価もある。最近、オランダ・ハーグで会った元オランダ陸軍大将のホベルト・ハウザー氏 (七一)は「償い事業は素晴らしい企画だった」と振り返る。 同氏は一九九八年七月、償い事業のオランダ側実施委員会(PICN)の委員長を引き受けた。最終的に七十九人を償い事業対象者に認定し、PICNメンバーが三百万円相当の生活物資やお金とともに、日本首相名のお詫びの手紙を一人一人に届けた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順