【ブックハンティング】 中心のない世界―「帝国」

執筆者:姜尚中 2003年4月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史 書評

 原書(“Empire”)で五百ページ近く、邦訳で六百ページに迫ろうとする大作が静かなブームを呼んでいる。タイトルは、ズバリ、『帝国』(以文社)である。恐ろしく思弁的で、しかし妙にリアリティに富む硬派の本が、人々を惹きつけるのはどうしてなのか。 言うまでもなく、多くの人々が、唯一の超大国アメリカに「帝国」のイメージを重ね合わせているからだろう。 でも「帝国」とは、アメリカそのものではない。共著者のアントニオ・ネグリとマイケル・ハートの言う「帝国」は、特定の主権的な領域国家ではないのだ。それは、固定した領土や国家的な主権とは無縁であり、むしろそれを超えた脱領域的で中心をもたないグローバルな「指令」のネットワークを指しているのである。 確かに、こうした新たな「帝国」的主権をわかりやすく思い描くとすれば、それは、アメリカあるいはアメリカニズムということになるだろう。 だが繰り返すが、「帝国」は、アメリカやアメリカニズムと同じではない。にもかかわらず、やはりアメリカが、グローバル化の事実上の「覇者」とみなされているのは、決して理由のないことではない。 ここで本書の論争的なテーマの一つであるアメリカ論が展開されることになる。要するに、アメリカがグローバル化の「前衛」にいるのは、アメリカが、近代ヨーロッパの国民国家的な主権とは違ったネットワーク型の主権概念を打ち立てたからである。アメリカの政体構成(憲法/constitution)は、無限のフロンティアに開かれた、ネットワーク状に拡大する権力の編成を意味しているのだ。この点でアメリカは、特定の領土的支配を目的とする「帝国主義」とは違っていることになる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順