衝突と流血のイラクを鳥瞰する

池内恵
執筆者:池内恵 2004年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

すでに国家再建への道筋はみえている。人質事件も米軍との戦闘も、すべて各勢力が自らの地歩を最大化する動きに過ぎない。 五人の無事解放という形で終わったイラクでの日本人人質事件は、一当事者として日本国民がイラク情勢を真剣に見つめる機会を与えた。しかし十日間の人質救出劇の間になされた報道や論評によって、日本のイラク情勢認識はどれほど深まったのだろうか。イラク政治の基本的な動きを規定する政治文化的なパターンや、現在の状況を規定している枠組みと政治日程、その中での対立軸と争点はどれだけ理解されたろうか。それらを踏まえた上で人質事件がどのような意味をもつかをとらえ、適切な対処を検討していく姿勢が必要だったはずだ。 衝突や流血といった事象のみを伝える報道とは矛盾するようにみえるが、実際にはイラクの主流派各勢力とブッシュ政権の利害は大筋で一致している。どちらにとっても六月末の速やかな主権移譲が何よりも望ましい。大統領選挙を控えるブッシュ政権は、イラク政策の「成果」として日程は変えられない。イラクの各宗派・民族の主流派・多数派を束ねる指導者層にとっても、主権が一日も早く戻るに越したことはない。にもかかわらず対立と衝突が続くのは、結局は個別具体的な権限や地位をめぐって、イラクの各勢力がそれぞれの主張を譲らず、武力の行使や威嚇を伴う要求を繰り出し続け、それが間歇的に衝突をもたらすという状況があるからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順