饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(77)

その違いに乾杯 英仏協商100周年

西川恵
執筆者:西川恵 2004年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 英仏協商百周年を記念して、英国のエリザベス女王が四月五日から七日まで国賓としてフランスを訪れ、大歓迎を受けた。英王室とフランスの「特別な関係」は、両国の確執を緩和する上で大きな心理的効果をもたらした。 女王が国賓としてフランスを訪れるのは一九五七、七二、九二年についで四回目で、諸外国の中で最多回数である。「第一回の訪問の時から、女王はパリにこのうえない愛着を感じておられます」とバッキンガム宮殿は事前ブリーフィングで述べた。 英仏協商は、フランス語でen-tente cordiale(真心からの合意の意)。両国は一八九八年のスーダンのファショダでの武力衝突を機に、一九〇四年に一年越しの交渉で協商を締結し、植民地勢力圏を取り決めた。結果的には英仏協商は百年戦争(十四世紀)以来の両国の覇権競争に終止符を打ち、英国の欧州大陸からの孤立主義を終わらせるものとなったのである。 エリザベス女王とエジンバラ公はロンドンのワーテルロー駅から「英仏協商」号と命名されたユーロスターの特別列車で英仏海峡トンネルをくぐり、パリの北駅に着いた。コンコルド広場でシラク大統領夫妻の出迎えを受け、歓迎式典が行なわれた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順