『007』を旅して
『007』を旅して(1)

英国秘密工作員「ジェームズ・ボンド」命名の由来

竹田いさみ
歴代のジェームズ・ボンドが勢ぞろい。左からロジャー・ムーア氏、ティモシー・ダルトン氏、ダニエル・クレイグ氏、ショーン・コネリー氏、ジョージ・レーゼンビー氏、ピアース・ブロスナン氏。ただし、ベルリンの「マダムタッソーろう人形館」にある等身大フィギュア(C)AFP=時事

 

 イギリスの秘密工作員「ジェームズ・ボンド」が活躍するスパイ映画は、世界中のファンを魅了してやまない。ジェームズ・ボンドに与えられたID番号が007であることは、あまりにも有名だ。第1作目の『007ドクター・ノオ』が1962年に公開(邦題は『007は殺しの番号』、日本公開は1963年)されて以来、この55年間で007シリーズ映画として24作が公開された。次回作は『ボンド25』のタイトルで、2年後の2019年11月8日にアメリカでの公開が決まっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top