饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(236)

賓客への「おもてなし」を重視する安倍外交

西川恵
執筆者:西川恵 2018年1月18日
エリア: 中東 日本
首相官邸で儀仗隊の栄誉礼を受けるムルキ・ヨルダン首相(右)と安倍首相 (C)AFP=時事

 

 外国の首脳が高位の訪問形式で来日した時、その首脳と国家に敬意を表し、東京の霞が関や国会周辺の街灯にその国の国旗が掲げられる。

「最近、よく国旗が掲げられているな」と感じている人もいるのではないだろうか。その通り。首相官邸は約半年前から、賓客の来日に際して国旗を掲げる機会を増やすよう指示した。安倍晋三政権が進める「外国からの賓客を大切にする」政策の一環だ。

 昨年7月、ヨルダンのハニ・ムルキ首相が実務訪問賓客として来日した。同首相は12日から15日まで滞在し、14日、安倍首相と会談した。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、さらに『知られざる皇室外交』(角川書店)が発売中。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top