国境を跨いだ中朝経済協力の意味

平井久志
執筆者:平井久志 2011年1月19日
エリア: 朝鮮半島

 中朝国境の都市、丹東市浪頭で昨年12月31日、厳しい警戒態勢の中で、中朝国境を流れる鴨緑江に新設する橋「中朝(朝中)鴨緑江橋」の着工記念式典がわずか15分間で行われた。この新しい橋の建設は2009年10月に温家宝首相が訪朝した際に最終合意したが、合意から1年2カ月ぶりの着工であった。建設地点をめぐり中朝間で意見調整が難航し、北朝鮮側が周辺道路の整備なども求めたために着工が遅れた。12月31日という年末の着工式は「年を越してはならない」という中朝双方の強い意志の表れであったが、実際の本格的な工事は春からになるという。

 着工式には中国側から李盛霖交通運輸相、胡正躍外務次官補、遼寧省の王ミン共産党委員会書記、陳政高省長らが、北朝鮮側からは金昌龍国土環境保護相、金成基外務次官らが出席した。

 鴨緑江には1940年代に架設された鉄道と自動車道併用の「中朝友誼橋」があるが、自動車道部分は老朽により20トン以上の貨物車両は通行できず、単線のため物流に限界があった。

 新しい橋は現在の橋の約8キロ下流地点に建設され、中国・丹東市の開発区から北朝鮮・平安北道を結ぶ片側2車線の自動車道となる。中国側の浪頭地区は既に高層アパートが建っており、丹東市の新庁舎の建設も計画されている。北朝鮮側は新義州南側の三橋川の長西地区になるという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順