ボコ・ハラム

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2011年2月8日
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ

 昨年12月24日、つまりクリスマスイブに、ナイジェリア中部プラトー州の州都ジョス市内で爆弾テロが発生しました。爆発はキリスト教徒が多く集まる屋外市場など7カ所で発生し、少なくとも80人が死亡したと伝えられています。

 同じ日、やはりナイジェリアの北東部に位置するボルノ州のマイドゥグリでキリスト教会が襲撃され、牧師ら6人が殺害されました。その一週間後の大晦日、今度は首都アブジャの市場で爆発があり、4人が死亡しました。

 クリスマスイブの爆発と教会襲撃で犯行声明を出したのは、「ボコ・ハラム」という組織です。「ボコ」はナイジェリア北部で話されているハウサ語で「西洋の知」「西洋の教育」などを意味し、「ハラム」はアラビア語で「禁忌」を意味します。ボコ・ハラームはその名の通り「西洋の知」を拒否する組織です。

 ナイジェリアは36州から成る連邦国家ですが、このうち北部の12州でシャリーア(イスラム法)が施行されています。ボコ・ハラムは、全州でのシャリーア導入、すなわちナイジェリアのイスラム化を主張しています。

 ボコ・ハラームについていろいろ情報を集めてみましたが、謎の多い組織です。いま私が分かる限りの情報を並べてみると、結成は2002年という説と2004年ごろという説があり、活動の拠点はイスラム教が優勢な北部ボルノ州の都市マイドゥグリです。イスラム原理主義的なその主張ゆえに、地元では「タリバン」と呼ばれていましたが、アフガニスタンのタリバンと接点はなく、イスラム教が優勢な北部5州に活動域を広げながら武装化を進めたとみられています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順