動く中台「辛亥革命100周年」が意味するもの

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年2月15日
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾
辛亥革命で清朝を打倒した孫文 (C)時事
辛亥革命で清朝を打倒した孫文 (C)時事

 中国の辛亥革命の勃発から100周年を迎える今年は、中国、台湾、世界の華人たちにとって特別な1年となる。辛亥革命は中国近代の夜明けであり、混沌の始まりでもあった。軍閥による群雄割拠、日本の侵略、国共内戦、中台分断……。アジアと世界に与えた影響の大きさは甚大であり、いまなお「後・辛亥革命」といえる時代に我々は生きていると言うことも可能だ。今年から来年にかけて私たちは、いかに辛亥革命100年をめぐる様々な動きをウオッチするべきか考えてみたい。

1911年10月10日

 清朝末期、孫文らを筆頭とする清朝打倒を目指す革命勢力は、失敗を繰り返しながら次第に力を蓄えていた。1911年10月10日、武昌で起きた反乱をきっかけに武装蜂起が全土に拡大。1912年1月に中華民国の成立が宣言され、同年2月に宣統帝・溥儀が正式に退位することによって達成された革命であった。
 武昌での蜂起は「武昌起義」と呼ばれ、中国では口火を切ったことを意味する「首義」とも言う。台湾のナショナル・デーが毎年10月10日(「国慶節」、または2つの10で「双十節」と呼ばれている)に行なわれるのも「武昌起義」を記念したものだ。
 孫文らが結成した中国国民党は革命を成し遂げた。しかし、日中戦争を経て、中国共産党との内戦に敗北し、台湾に撤退。辛亥革命によって建国された「中華民国」は蒋介石の指導する国民党が持ち去り、1949年に共産党は中華人民共和国を建国した。
 その意味で、共産党は辛亥革命の後の第2次革命を成し遂げたという歴史的立場であり、一方で、国民党は共産党によって中国大陸の支配権を奪われたが、辛亥革命の正統な歴史は我と共にあり、という意識が強い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順