茶会党運動専門誌「ティーパーティー・レビュー」創刊

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年2月18日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 共和党系保守活動家や共和党政治家らが多数参加する最大の保守派政治イベントであるアメリカ保守同盟(ACU)主催の「保守政治活動会議(CPAC:Conservative Political Action Conference)」の年次会合が、今月10日から3日間の日程でワシントンD.C.のホテルで開催された。そして、この時期に合わせて、ティーパーティー(茶会党)運動専門の月刊誌である「ティーパーティー・レビュー(Tea Party Review)」の創刊号が刊行された。

 同誌の発行者らは何故CPAC年次会合の開催時期に合わせるかたちで同誌を創刊したのかについて、CPAC年次会合は保守派勢力最大の政治イベントであり、茶会党運動の支持基盤である保守派勢力に正に焦点を当てようとしたと明らかにしている。発行者らは同誌について、「茶会党運動のための、茶会党運動による、茶会党運動に関する全米初の専門雑誌」と位置付けている。

「ティーパーティー・レビュー」の全米草の根担当ディレクターであり、ダラス茶会党のメンバーでもあるカトリーナ・ピアソン女史は、特に、メディア関係者の間で茶会党運動について歪んだ見方がされており、茶会党関係者としてはそのような茶会党運動に対する偏見にうんざりしていたと創刊目的について説明している。その上で、米国の建国以来の歴史を振り返ると、黒人奴隷廃止運動、婦人参政権運動、公民権運動、保守運動といった大きな成功を収めた運動にはすべて独自の刊行物がその運動の高まりの中で常に重要な役割を果たしていたとピアソン女史は指摘している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順