シリコンバレーとオバマ政権

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年2月21日
カテゴリ: 国際 IT・メディア
エリア: 北米

 米議会で歳出削減を巡る民主党と共和党との対立が先鋭化する中、今月17日、18日の両日、オバマ大統領はカリフォルニア、オレゴン両州を訪れた。ベンチャーキャピタルのクライナー・パーキンズ・コ―フィールド&バイヤーズ(KPCB)のパートナーであるジョン・ドーアのサンフランシスコ近郊ウッドサイドの私邸で、17日夜にシリコンバレーの技術企業の経営幹部ら12名と会食をともにしながら意見交換をしている。ウッドサイドは筆者が25年前の学生時代に訪れたカリフォルニアの初めての街であり、眼下にメンローパークやレッドウッドシティーを望むベイエリアに位置する。著名な政治家や企業経営者、メジャーリーグのサンフランシスコ・ジャイアンツなどのスポーツ選手らの大邸宅があり、ホースバックライディング(乗馬)なども盛んな自然豊かな素晴らしい土地である。

 オバマとの会食にはアップルのスティーブ・ジョブズ、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ、グーグルのエリック・シュミット、ヤフーのキャロル・バーツ、オラクルのラリー・エリソン、シスコシステムズのジョン・チェンバーズ、そして、スタンフォード大学のジョン・ヘネシー学長らシリコンバレーの産学の錚々たる人々が姿を現した。また、翌18日にはオバマはインテルがオレゴン州ヒルズボローに新たに建設した半導体製造工場を同社のポール・オルリーニ社長兼CEOとともに訪れ、雇用創出効果と米国の技術力の優位を誇示する演説を行った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順