中朝血盟関係

執筆者:フォーサイト編集部 2011年6月3日

 菅内閣への不信任決議案は、昨日否決されました。菅氏は夜の会見で満面の笑み。とはいえ、昨日のドタバタ劇をめぐって早くも「言った」「言わない」の論争が起こり、「政権の求心力」はゼロです。新首相をだれにするかをはっきりさせた上で、菅氏にはできるだけ早く退場してもらうべきでしょう。

 本日の更新記事は、平井久志さんの「『中朝血盟関係』にすがるしかない金正日」です。先月下旬、この1年間で3度目となる訪中を断行した金正日総書記。同行メンバーに軍人の顔はなく、狙いは中国から経済協力を引き出すこと。1961年に結ばれた、一方が他国から攻撃を受けた場合に自動介入する条項が含まれる「中朝友好協力相互援助条約」の意義を強調し、中国に「血盟関係」の維持強化を迫った形となりました。今や北朝鮮がすがるのは中国しかありません。訪中日程の詳細については、「朝鮮半島の部屋」の新エントリ「金正日総書記の訪中旅程」をご参照ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順