国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(18)

中尊寺金色堂を建立した「東夷の遠酋」藤原清衡の夢

関裕二
執筆者:関裕二 2011年8月9日
カテゴリ: 文化・歴史
世界遺産に登録された中尊寺の金色堂[文化庁提供](C)時事
世界遺産に登録された中尊寺の金色堂[文化庁提供](C)時事

 中尊寺(岩手県西磐井郡平泉町)が、ようやく世界遺産に登録された。中尊寺は法隆寺や東大寺と同レベルの至宝であるにもかかわらず、登録は遅れに遅れた。日本人自身の認識と関心が低かったためではあるまいか。  いまだに、中尊寺を「京の亜流」と考えている人が多い。藤原清衡(きよひら、1056-1128)は都から工人や仏師を呼び寄せ、黄金をふんだんに使い、贅をこらして金色堂を建立しているため、成金趣味のイメージも、どこかにある。  だが、どれもこれも誤解なのだ。中尊寺の美しさは、飛び抜けている。同時代の京の仏教美術を凌駕している。なぜ、「京の真似」であった中尊寺が美しいのかについては、9月に発行される『芸術新潮』で詳述するが、それよりも、今回注目しておきたいのは、中尊寺の戦略上の意味と、奥州藤原氏の夢についてである。

「藤原姓」は方便

中尊寺の北側を流れる衣川 (筆者撮影)
中尊寺の北側を流れる衣川 (筆者撮影)

 中尊寺のすぐ北側を東西に小川が流れている。これが衣川(ころもがわ)で、俘囚(ふしゅう、朝廷に恭順した蝦夷=えみし=)や蝦夷は、この川から南側に立ち入ることを許されなかった。つまり、中尊寺はかつての朝廷の支配下に建立されたことになる。  衣川の北側に衣川柵があって、ここに俘囚を束ねる安倍氏が拠点を置き、俘囚や蝦夷を支配していた。安倍氏自身も、俘囚の一人だ。  ところが、前九年の役(1056-1062)で安倍氏は朝廷に反旗を翻し、朝廷軍を蹴散らしてしまった。ただし、裏切りに遭い滅亡してしまう。その後、紆余曲折を経て、棚からぼた餅の形で藤原清衡が東北の支配者となり、平泉に拠点を構えたのだった。  藤原清衡の父は、秀郷流(ひでさとりゅう)の藤原氏であったが、母は安倍氏だ。清衡は蝦夷の母を持ち、蝦夷の地で育てられた。藤原清衡は、名こそ「藤原」だが、正体は蝦夷である。  藤原清衡は「東夷の遠酋(とういのおんしゅう)」と自称し、蝦夷として賽を投げ、ルビコン川=衣川を渡っている。平泉から朝廷勢力を駆逐し、衣川の南側に蝦夷の王国を建てたのだった。「藤原姓」を名乗ったのは、朝廷との交渉に有利だったからで、方便にすぎない。だから都の貴族たちは、奥州藤原氏を「夷狄(いてき)」「匈奴」と罵倒し蔑視した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順