3月11日の真実

執筆者:フォーサイト編集部 2011年8月15日

 本日の更新記事は、塩谷喜雄さんの「中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽――『3.11の真実』埋葬を許すな」です。日本のマスメディアは中国高速鉄道の事故をめぐる中国当局の報道規制を非難しますが、はたしてその資格はあるのでしょうか。1万ミリシーベルト超の高線量区域が「出現」した理由、飛散した放射性物質の核種や量、3月21日になぜ周辺地域の空間線量がピークになったのかなど、原発事故に関して報じられていないことはまだまだあります。3月11日に何が起こったのか、真相を究明することをやめてはなりません。

 「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「増大する議会共和党への有権者の不満」の新エントリ。何とかデフォルトは回避となった連邦政府の法定債務引き上げ問題。しかし、米世論調査ではティーパーティー運動に引きずりまわされる議会共和党への不満が高まっています。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順