ウェブ版1周年を迎えました

執筆者:フォーサイト編集部 2011年9月1日
カテゴリ: 金融

 フォーサイトは本日ウェブ版創刊1周年を迎えました。会員の皆様のこれまでのご支援に、深く感謝申し上げます。より内容を充実させ、同時に会員の皆様の声を反映させたニュース・サイトとなるよう努力してまいりますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 1周年を機に、「専門家の部屋」を増設します。「ヨーロッパ」「中東」「東南アジア」は9月7日、「ロシア」は今月中にスタートする予定です。ご期待ください。

 本日の更新記事は、田中直毅さんの「経済の頭で考えたこと(39)米国経済『日本化』のメカニズム」です。「日本化」とは、政治過程の不透明化と非効率化、旧来の産業構造から脱却できない経済の停滞を指します。アメリカが昨年11月に開始した第2次量的緩和は期待通りの成果をあげず、世界経済のインフレ懸念を高め、米国内の実質購買力を毀損させました。政策を行なったFRBにはこれまでにない批判が浴びせられ、委縮した欧米の金融機関はリストラ策や資産処分に走っています。出口はなかなか見つかりそうにありません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順