10年を経て、テロリストは今

国末憲人
執筆者:国末憲人 2011年9月8日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ

 世界を揺るがせた9・11米同時多発テロから11日で10周年を迎えるのを前に、イスラム過激派の現状を探る企画が、欧米メディアで最近みられるようになった。そのようなニュースの中に懐かしい名前を見つけた。同時テロの直後、アルカイダ系の組織の一員としてフランスでテロを企てたとして拘束された青年カメル・ダウディの近況を伝えるフランスのルモンド紙の記事である。
 
 事件の発端は同時テロ直前の01年7月、アラブ首長国連邦のドバイで旅券法違反によって逮捕されたアルジェリア系フランス人が、パリの米大使館爆破計画の存在を漏らしたことだった。芋づる式に摘発されたアルカイダ系の過激派グループの一人に、やはりアルジェリア系のカメル・ダウディが含まれていた。パリ郊外の自宅からいったん逃亡したダウディは、4日後に英国で当局に拘束され、フランスに移送された。

 当時新聞社のパリ特派員だった私は、グループの実像を追って、彼らが拠点としていたパリ東南の街コルベイユ・エソンヌで連日聞き込みを続けていた。その過程で、ダウディの実家の住所が判明し、夕暮れの中をアポなし取材に行ったことがある。移民街の高層住宅の一室の呼び鈴を押すと、父親らしき男が中から顔を出した。息子さんの生い立ちについて話を聴きたいのだが。そう話しかけると、男は「何も話すことはない」と大声を出して、バタンとドアを閉めた。なすすべもない私は、もう日が落ちた道をとぼとぼと引き上げた。思えば、テロリストと名指しされる者の親として、当然の反応だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員を経て、現在はGLOBE編集長、青山学院大学仏文科非常勤講師。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順