饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(161)

比大統領を迎えた野田首相初めてのもてなし

西川恵
執筆者:西川恵 2011年10月12日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
中国の海洋進出を牽制(c)時事
中国の海洋進出を牽制(c)時事

 野田佳彦首相が初めて迎えた外国首脳はフィリピンのベニグノ・アキノ大統領だった。  大統領は9月25日から28日まで日本に滞在し、この間、震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市を視察、在日フィリピン人と面会し、天皇陛下主催の昼食会にのぞむなど精力的に日程をこなした。  野田首相との会談は27日夕、首相官邸で行なわれた。両国は政治、安全保障分野などで「戦略的パートナーシップ」の強化を目指す共同声明を発表。中国の海洋進出を念頭において、海上安全確保を「共通の戦略的利益」と位置づけ、海上保安庁によるフィリピン沿岸警備隊の能力向上支援や、防衛当局間の交流促進を盛り込んだ。

ジュースと白ワインで乾杯

 会談後の午後7時過ぎ、官邸の広間で歓迎夕食会がもたれた。両国関係者合わせて28人。玄葉光一郎外相も同席した。
 
 オマール海老とキャヴィアのサラダ
 琥珀輝くダブルビーフコンソメ ロワイヤルと共に
 甘鯛のクルスティアン、五穀豊穣米のリゾット青海苔風味、金平掻き揚げと銀杏、牛蒡のエマルジョンソース
 コカコーラのグラニテ
 国産牛フィレ肉ブランシャ焼き 旬恵む松茸、焼胡麻豆腐と松笠慈姑(くわい)と百合根
 和栗のアイスモンブラン
 コーヒー又は紅茶 マカロンショコラ
 
 このメニューには飲み物が記されていなかった。官邸の儀典(プロトコール)ルールとして、主賓がアルコールを飲まない時は、記載しないことになっているからだ。フィリピン側は事前に大統領がアルコールは嗜まないことを伝え、日本側も了承した。しかし記されてはいないが、他の出席者にはフランスのワインが出された。
 それは白がピュリニー・モンラッシェ クロ・ド・ラ・ムシェール2007年、赤がシャトー・パルメール2002年である。
 夕食会の冒頭、大統領はジュース、野田首相以下の参加者は白ワインで乾杯した。
 フレンチをベースに季節感ある日本の食材を取り入れていて、隅々まで神経の行きとどいた料理であることが窺われる。夕食とあってシャーベット状の氷菓子のグラニテが箸休めで出された。
 白ワインはブルゴーニュ地方ヴォルネー村で最も古いワイナリーの1つ、ジャン・ボワイヨ・エ・フィスが造り手。等級は二番手となる1級だ。赤ワインはボルドー地方マルゴー地区で、1855年の格付けで3級とされているが、現在は2級、もしくは1級の力があるとされている。料理、ワインを概観すると、相当にレベルの高いもてなしであることがわかる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順