TPP攻防戦の「予定調和」

執筆者:フォーサイト編集部 2011年11月17日

 昨日オバマ米大統領は、オーストラリアのギラード首相と会談し、両首脳はオーストラリア北部のダーウィンに来年から米海兵隊員を初めて本格的に駐留させることで合意しました。もちろん、アジア・太平洋地域での、中国の影響力拡大を睨んだものです。イタリアでは新首相のモンティ氏が閣僚名簿を公表。新内閣の閣僚には政治家が1人もいないというのですから驚きです。

 本日の更新記事は、野々山英一さんの「TPP攻防戦『出来レース』のカラクリ」です。すったもんだの揚句、何とか「協議入り」にこぎつけたTPP問題。報道を見るとこの間の攻防戦は大騒動ではあったものの、実際には「緊迫」とは程遠い雰囲気でした。慎重派が目指すのは、TPP参加に伴う予算の獲得。しかし、18年前と同じように、予算をばらまくだけで構造改革に結びつかなければ日本の国力は強化できません。そして、今後の交渉をうまく進めていけるのかどうかが、最も重要な問題です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順