経済の頭で考えたこと
経済の頭で考えたこと(51)

元頭取が告白したバークレイズ銀行の汚点

田中直毅
執筆者:田中直毅 2012年7月24日
カテゴリ: 金融
7月4日、金利不正操作問題で証言後、英議会公聴会の現場から去る前バークレイズ銀行CEOのダイアモンド氏 (C)EPA=時事
7月4日、金利不正操作問題で証言後、英議会公聴会の現場から去る前バークレイズ銀行CEOのダイアモンド氏 (C)EPA=時事

 英銀行バークレイズのLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)をめぐるスキャンダルが次々と明るみになる中、7月8日のフィナンシャル・タイムズの電子版(FT.com)に極めて興味深い寄稿が掲載された。バークレイズのCEOを辞職したボブ・ダイアモンドのかつての上司で、同行の頭取だったマーティン・テイラーによるものである。タイトルは「私もダイアモンド神話に陥落した」。過去十数年のバークレイズの歴史にかかわるかつての部内者、それも旧トップからの一種の告発といってもよい。LIBORの操作が自社や個別トレーダーの利潤動機から生じていたとしても不思議ではないことがよくわかる内容だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
田中直毅 国際公共政策研究センター理事長。1945年生れ。国民経済研究協会主任研究員を経て、84年より本格的に評論活動を始める。専門は国際政治・経済。2007年4月から現職。政府審議会委員を多数歴任。著書に『最後の十年 日本経済の構想』(日本経済新聞社)、『マネーが止まった』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top