堕ちゆく世界の迷走
堕ちゆく世界の迷走(23)

「増税日本」の前に広がる世界景気の積乱雲

執筆者:青柳尚志 2012年7月27日
IMFへの資金拠出をいち早く表明した野田首相(左はIMFのラガルド専務理事)(c)AFP=時事
IMFへの資金拠出をいち早く表明した野田首相(左はIMFのラガルド専務理事)(c)AFP=時事

 河村たかし名古屋市長が率いる政党名を一部拝借すれば、「増税日本」ということになろうか。野田佳彦首相のぶれない政治姿勢は予想以上だった。反増税を掲げる小沢一郎一派の離党を尻目に、自民、公明と組んで消費税増税を成立させる段取りだ。  反対派である小沢一派が去り民主党内を純化したのを弾みに、9月8日にロシア・ウラジオストクで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議では、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加を表明するとみられている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top