独裁ベラルーシを変えるか、テディベア爆弾

国末憲人
執筆者:国末憲人 2012年8月10日
エリア: ヨーロッパ ロシア

 最初は、笑って傍観するような出来事だった。それが、双方の大使を追い出す国際紛争にまで発展してしまった。ベラルーシとスウェーデンとの間に勃発した「テディベア爆撃事件」と呼ばれる騒動である。

 発端は、何だかとぼけた、しかし周到に準備された試みだった。7月4日、熊のお面をかぶった操縦士の操る軽飛行機がリトアニアの空港を離陸、低空飛行で国境を越え、ベラルーシに侵入した。軽飛行機は同国北西部の街イヴャネツと首都ミンスク南部の上空を飛び、ぬいぐるみのテディベア約1000個を投下した。テディベアには「今こそ言論の自由を」「言論の自由に向けたベラルーシの闘いを支援する」などと書かれた横断幕が握らされており、ベラルーシの民主化を促すパフォーマンスなのは明らかだった。軽飛行機はそのまま、リトアニアに帰還した。

 ベラルーシは欧州最後の独裁国家といわれ、ルカシェンコ大統領の下で言論が弾圧されているとして、欧州各国の批判の標的となっている。この一件を企画、実行したのはスウェーデンの広告会社で、ベラルーシの言論抑圧を告発しようと、飛行機も、テディベアも、自前で準備したという。

 投下に成功した後、広告会社は一連の映像をインターネットで公開した。ベラルーシ当局は当初、事件があったこと自体を否定していたが、隠しきれなくなった途端に、空軍司令官や国境警備の責任者を更迭した。ルカシェンコ大統領は「なぜ飛行を止めることができなかったのか」とかんかんだったという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順