2つの銃社会「南アフリカ」と「米国」で考える銃規制

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2013年1月3日
カテゴリ: 社会
エリア: アフリカ 北米

 米国東部コネティカット州の小学校で昨年12月14日、児童20人を含む26人が銃乱射の犠牲となる痛ましい事件が起きた。筆者が勤務する新聞社はニューヨーク駐在の記者2人が現場に駆けつけた。筆者はワシントンの支局で情報を集めながら、犠牲者の多くが子供だったことに打ちひしがれた米社会で、銃規制の強化を求める声が高まることを予想した。

 予想通り、オバマ大統領は事件を受け、バイデン副大統領を責任者とする政府間委員会を設置して包括的な銃犯罪対策を取りまとめ、2013年1月中に議会に提案する方針を明らかにした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 欧露・中東・アフリカ室室長。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。最新刊は『ボコ・ハラム イスラーム国を超えた「史上最悪」のテロ組織』(新潮社)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順