上昇し始めた「真の景気指標」

執筆者:梅田望夫 2004年12月号
カテゴリ: IT・メディア

 ファッション、スポーツ、芸能、インターネット。 日本の若い友人たちと話していて驚いた。日本では、インターネットをこういう文脈に置いている人が少なからず居るんだなぁと。 言われてみれば、楽天のプロ野球参入がその象徴ではある。 グーグル登場の時代的意義についていくら私が一生懸命話しても、日本企業経営者の反応はおそろしく鈍い。それが最近の私のフラストレーションの一つなのだが、アイドルやサッカー選手の顔と名前が一致しなくても不安にならないのと全く同じ心理なのかもしれない。そう考えれば、彼らの無関心にも少しは納得もいく。 つい先日、ある老舗出版社の新書担当編集者の方と話していて、「あれだけたくさんのニッチ・テーマの新書が毎月毎月書店に溢れているのに、どうしてグーグルという本が出ないんですか?」 と訊ねたら、「いやぁ、企画会議で通りませんよ」というにべもない返事が返ってきた。へぇ、そんな感覚なのかと少し残念に思った。 シリコンバレーはその対極にある。バブル崩壊後低迷していた景気がついに底を打ったのは、間違いなくグーグル効果である。 同社の株式公開後の時価総額が数兆円規模で上昇しているという経済的要因はむろんその大きな理由の一つであるが、シリコンバレーが元気さを取り戻したのは、「インターネット産業はやっぱりテクノロジーによって牽引できるものなのだ」ということをグーグルが証明したからである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
梅田望夫 1960年東京都生れ。94年渡米、97年コンサルティング会社ミューズ・アソシエイツを起業。著書に『ウェブ進化論』(ちくま新書)、『ウェブ時代をゆく』(同)、『ウェブ時代 5つの定理』(文藝春秋)、『ウェブ人間論』(共著、新潮新書)など。メジャーリーグの野球、そして将棋の熱烈なファン。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順