西武vs.サーベラス「不毛の内紛」の実情

執筆者:杜耕次 2013年4月3日
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融
エリア: 日本
 3月26日、記者会見する西武HDの後藤社長 (C)時事
3月26日、記者会見する西武HDの後藤社長 (C)時事

 西武ホールディングス(HD)の上場を巡る同社経営陣と筆頭株主の米投資会社サーベラスとの対立がエスカレートしている。西武HD社長の後藤高志(64)が3月26日に記者会見を開き、サーベラスが12日に開始した株式公開買い付け(TOB)を「上場を阻害する」と強く非難したのに対し、サーベラス日本法人社長の鈴木喜輝(50)は翌27日の会見で「現経営陣のコーポレート・ガバナンス(企業統治)体制に問題がある」と応酬。4月23日が期限のTOBは目標水準が低い(現行32.44%→最大目標36.44%)こともあって達成の可能性が高く、6月末の株主総会では委任状争奪戦(プロキシファイト)にもつれ込むことも予想される。双方の感情のもつれから始まったこの内輪揉め。透けて見えるのは「再建の失敗」を認めたくない後藤と「投資の失敗」を受け入れたくないサーベラスの醜悪な責任の押し付け合いの構図である。

 

「みずほ」の介入を避けるため

 元はといえば、創業一族である堤家の影響力排除のため、国内金融関係者の間で“ハゲタカ・ファンド”と忌み嫌われていた外資系投資会社を8年前に筆頭株主として引き入れたのは他ならぬ後藤自身だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順