饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(84)

カブールの日本レストラン

西川恵
執筆者:西川恵 2005年1月号
カテゴリ: 国際

 アフガニスタン国民による初の直接選挙で大統領に選ばれたカルザイ大統領の就任式が十二月七日、首都カブールで行なわれた。参列した外交団の中に、新生アフガンの初代日本大使だった駒野欽一氏(現在は本省でNGO・アフガン支援調整等大使)の顔もあった。 駐アフガンの日本大使館開設(二〇〇二年二月)の任を負い、この九月まで二年七カ月にわたって在勤した同氏にとって、アフガンは忘れがたい国だ。赴任して間もなく腸チフスを患った。テロ情報で行事出席を取り止めることも一再ならずあった。しかし一方で、「日本大使公邸には要人がしょっちゅう出入りする」と言われるほどのネットワークを築いた。同氏はペルシア語が専門で、現地の人々と通訳を介さずに意思疎通ができる。しかしもう一つの有力な武器が、日本料理を駆使した食卓外交だった。 テロで外出がままならない外交団にとって、夜の食事会は重要だ。アフガン政府要人、国連関係者、各国大使らと、招き、招かれしながら情報を交換し、収集する。美味しい食事が出る大使公邸には当然、人が集まり、三本の指に数えられたのがフランス、中国、日本だった。もっともフランスと中国は本国から料理人を連れてきていたが、当初、駒野大使にはアフガン人料理人しかいなかった。ところが日本人の料理人が来てくれることになったのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順