インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

米軍が手を焼くイラン情報機関の秘密工作

春名幹男
執筆者:春名幹男 2005年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 イラク国民議会選挙の舞台裏でイランとアメリカの情報戦争が激しさを増している。イラン情報機関の秘密工作は巧妙で、イラクに親イランのイスラム教シーア派国家を造るという戦略的目標は前進しているようだ。 イランの情報機関といえばSAVAK(国家治安情報機関の意味)が知られている。SAVAKは、一九五三年のモサデク政権打倒クーデターで復権したパーレビ国王が米中央情報局(CIA)とイスラエル情報機関の支援を得て、五七年に創設した。反体制派勢力の監視、人権抑圧で知られる。SAVAK要員は一万五千人以上、情報提供者は数千人に上ったという。 七九年のイラン革命で成立した聖職者独裁体制下で情報機関は再編され、SAVAKは国家情報治安機関(SAVAMA)、さらに現在では情報治安省(VEVAK)と名を変えた。 革命でSAVAKの幹部六十一人が処刑された。だが、イラン国内左翼勢力や仇敵フセイン元イラク大統領与党のバース党の党内情勢に関して専門知識を持つSAVAKの元中堅機関員は、いったん追放された後、復職を認められ、現在VEVAKで“活躍”している。「イランは世界で最も活発なテロ支援国」(全米科学者連盟=FAS)とみられている。FASの集計によると、七九年のイスラム革命以来、イランは二百件以上のテロに関与、千人以上を殺害した。その中には、八三年のレバノン・ベイルートの米海兵隊司令部爆破事件、九六年のサウジアラビア・ダーランの米空軍宿舎爆破事件も含まれている。イランはホメイニ師の教えに従い「イスラム革命の輸出」を進めてきたのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順