中国内陸の重慶に根づいたスズキの十年

執筆者:水木楊 2005年4月号
カテゴリ: 社会 経済・ビジネス
エリア: 日本

「重慶の犬は太陽に向かって吠える」と言われるほど、重慶の空はいつも霞がかかっている。犬が太陽を月と間違って吠えるというわけだ。山地にあるため、霧が立ち込めるためでもあるが、その霧にはスモッグが溶け込んでおり、街を歩いていると、肺の隅々にまで霧が浸透するような気がして息苦しくなる。 中国の大河・長江(揚子江)の上流に位置する重慶市の人口は、現在三千百三十万人。もちろん本来の重慶市の周辺地域も含んだ人口だが、目下、拡大中。空気の悪さは昭和三十年代の日本と同様、この街が急速に発展しつつある証拠でもある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top