這い上がるサッカー、妻に都合がいい離婚裁判

執筆者:フォーサイト編集部 2013年9月30日

 先週末、藤沢数希さんの好評連載「結婚と離婚の経済学」の第5回「長ければ長いほど『妻に都合がいい』離婚裁判」をアップロードしました。「婚姻費用(コンピ)」が決まってしまえば、奥さんは、あとは好き放題、自分の人生をエンジョイできます。

 本日の更新記事は、星野智幸さんの「世界で起こることはすべて、サッカーでも起こる(9)這い上がる道としてのサッカー」です。日系ペルー人ゆえ、森岡薫が歩んだフットサル日本代表までの苦難の道。しかし、ストリート性のあるフットサルは、サッカーよりも間口が広く、多くの若者を救い得る競技かもしれません。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「『2期目の業績なし』でオバマ政権『レイムダック化』の危機」(足立正彦さん)の新エントリ。2期目の最初の年、ハリケーン・カトリーナへの危機対応が批判されて失速したブッシュ政権。銃規制強化に失敗して以来、オバマ政権も似たような下り坂を歩んでいます。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順