「貧困と貧政」の島ハイチの暗い前途

執筆者:藤原章生 2005年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

[メキシコシティ発]国連軍が監視を続けるカリブ海の小国ハイチは安定に向かうのか。「今年四月ごろに比べ、誘拐も減り、治安は良くなりつつある」。首都ポルトープランスに暮らす外交官はこう語る。だが、アリスティド前大統領が米軍らの手で出国させられた二〇〇四年二月末と比べ、政治情勢に大きな進展はない。貧困層が構成するアリスティド派は依然として自分たちは政治的に排除されていると感じている。その限りにおいては、彼らが暴発する不安を取り除くことはできない。 ラトルチュ首相ら反アリスティド派を中心に〇四年三月に発足した暫定政権は、現在のところ新政権発足のための大統領・議会選を十一月二十日、地方選を十二月十一日、大統領選の決選投票を来年一月三日に予定している。予定通り進めば、暫定政権の任期が切れる来年二月七日に新政権が発足する運びだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top