ケース・スタディ1  神田うの夫妻

執筆者:藤沢数希 2013年11月23日
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 最初に述べておくと、筆者は芸能人のゴシップ話などに興味があるタイプではない。また、他人の恋愛や家庭に、こうあるべきだなどと口出しするようなタイプでもない。筆者は、基本的には個人主義、自由主義の考えを持っており、恋愛や家庭の問題などは他人がどうこう言うべきではないし、他人に迷惑をかけず法律を守っているならば、本人たちのやりたいようにやればいいと思っている。

 しかし、国家権力が介入する結婚制度がどのように機能し、その強制力によって、夫婦間でどのような金銭の支払い義務が生じるのかは、法律と経済の問題として強い関心を持っている。多くの報道がなされる芸能人、著名人夫婦の離婚騒動は、実際に結婚と離婚の法律がどう動くのかを理解するためのケース・スタディの材料を提供しており、その点において本連載『結婚と離婚の経済学』で分析するべき対象だと思われる。


 それでは最初のケース・スタディとして、週刊文春11月21日号で離婚騒動が報じられ、メディアで多少は話題になっていた、タレントであり実業家の神田うのさんと大手パチンコ・チェーン日拓グループの経営者である西村拓郎氏が離婚に至った場合を考えてみたい。

 まず断っておくが、筆者は何ら個人的に取材をしたわけでも、報道されている以上の情報を持っているわけでもない。また、ことさら男女の問題に立ち入るつもりもなければ興味もない。最初に述べたように、金融商品としての結婚の意味を考えるのが主旨である。そして、有名人の離婚に関しては、公開情報と報道内容だけから、これまでに本連載で学んだ知識を用いれば、多くの場合、驚くほど多くのことが見えてくるのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
藤沢数希 理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で研究職に就いた後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスク・マネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社)『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(同)『「反原発」の不都合な真実』(新潮社)『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』(ダイヤモンド社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順