ケース・スタディ2  ダルビッシュvs.紗栄子

執筆者:藤沢数希 2013年11月30日
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 前回は、テレビ・タレントであり実業家である神田うのさんと日拓グループCEOの西村拓郎氏が「仮に」離婚した場合の金銭の授受について筆者の予測を書いた。仮に筆者の見立てが正しく、結婚後に西村氏に個人資産が大きく増えていないのならば、離婚で金を払うことになるのは神田うのさんのほうであろうという予測である。

 世間では、女の人は金持ちの男と結婚して離婚したらものすごい「慰謝料」を取れると思われているのだが、必ずしもそうとは限らないのだ。まず、マスコミ等で語られる慰謝料という言葉が法律用語の慰謝料とは意味が違うということはさておき、西村氏のようなストック型の金持ちと離婚しても、妻は必ずしも金がもらえるわけではないのである。

  それでは今回は、その反対として、フロー型の金持ちの男の離婚について考えてみたい。今回のケースは、米大リーグ、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手とタレントの紗栄子さんとの離婚劇である。

  当初、紗栄子さんが月々の生活費を1000万円要求しているなどの報道で、話題になっていた。1カ月の生活費が1000万円というのは、常識で考えて破格のものと思われたが、筆者は適正な金額だと思っていた。なぜならば、結婚というのは金融商品の取引であり、ダルビッシュ・クラスの人材ならば、この金融商品の月々のクーポンの支払い、すなわち婚姻費用はそれぐらいの金額になるのは明らかだったからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
藤沢数希 理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で研究職に就いた後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスク・マネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社)『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(同)『「反原発」の不都合な真実』(新潮社)『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』(ダイヤモンド社)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順