日本を「カトリーナ」が襲う日

執筆者:リチャード・カー 2005年12月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

海水温の上昇によって熱帯性低気圧が“激化”している兆候が確認された。このままでは台風やハリケーンの被害も大きくなってしまう。[ワシントン発]八月にハリケーン「カトリーナ」が米ニューオーリンズに壊滅的な打撃を与えた後、日本の九州と中国、四国地方に台風十四号が襲来。続いてハリケーン「リタ」が米ルイジアナ州西部などに被害をもたらし、さらには台風ダムレイが中国海南島とベトナムを襲い、ベトナムでは沿岸部の住民三十万人が避難する事態となった。その後、ハリケーン「ウィルマ」がメキシコ・ユカタン半島経由で米フロリダ州に襲来すると、アメリカではアルファベット順に予め二十一個(QUXYZは使わないため)用意されたハリケーンの名が尽き、カリブ海に新たに誕生した熱帯暴風雨はギリシャ文字で「アルファ」と名付けられる前代未聞の事態となった。 いたるところで熱帯性低気圧(北太平洋西部および南シナ海で発生するものは台風、カリブ海やメキシコ湾地域、北部大西洋で発生するものはハリケーン、インド洋ではサイクロンと呼ばれる)が荒れ狂っているように見える。 気象学者たちの最新の研究で、アジアをはじめ世界各地の熱帯性低気圧は年々巨大化しつつあり、その原因が地球温暖化にあるかもしれないことがわかってきた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順