読売新聞に渡邊啓貴さんのコメント

執筆者:フォーサイト編集部 2014年3月20日

昨日、「見捨てられるウクライナ:『ロシアの言い分』と『独仏の欺瞞』」をご執筆頂いたヨーロッパの部屋の運営者・渡邊啓貴さんのコメントが、本日の読売新聞朝刊に掲載されています。クリミア情勢についてのコメントで、「露の望む結末 可能性高い」という見出しがついています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順