40度に乾杯!

名越健郎
執筆者:名越健郎 2006年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 1月のロシアは記録的なマロース(寒波)に襲われ、首都モスクワでは最低気温氷点下30度前後の日々が1週間以上続いた。-30度では、寒いというより痛い感覚であり、重装備しても10分歩くのが限界だ。濡らしたタオルが数秒間で硬直してしまう。 世界の寒極とされる極東ロシアのサハ共和国では-60度を記録。温暖な南部でも氷点下20―30度となり、全土が凍土と化した。各地で凍死者が続出、水道管・ガス管の破裂、停電が相次ぎ、社会生活が混乱した。 イズベスチヤ紙によれば、1941年、79年に続き「100年に1度か2度しかない大寒波」という。厳冬の年は冷夏で、ドイツ軍が侵攻した41年6月に雪が降った記録がある。筆者の記憶では、ソ連邦が解体した91年も厳冬、冷夏だった。79年にはソ連軍によるアフガン侵攻があり、今年はロシア激動の1年になるのだろうか。 -5度では、イタリア車が動かなくなる。 -10度では、アメリカ車が動かなくなる。 -20度では、ドイツ車が動かなくなる。 -30度では、日本車が動かなくなる。 -40度では、ロシア車が動き出す。 -30度の厳寒の中、市民が環境保護団体グリーンピースや世界自然保護基金(WWF)のモスクワ支部前で横断幕を掲げて抗議デモを行なった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順