饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(106)

国際会議成功の裏にあったフィンランドの“二皿外交”

西川恵
執筆者:西川恵 2006年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 アジア欧州会議(ASEM)の第六回首脳会議が九月十、十一の両日、フィンランドの首都ヘルシンキで開かれた。 アジアと欧州の計三十八カ国と一機関が加盟するASEMだが、首脳、閣僚、それに随行員を含めた参加者総数はざっと千五百人。人口五百万人のフィンランドにとって、これだけの規模の会議を主催するのは初めてのことだった。今年下半期の欧州連合(EU)議長国でもある同国にとって、国際社会で存在感を示す機会であり、政府一丸となって各国の接待に努めた。 最後の外遊となった小泉純一郎首相はヘルシンキ入りした八日、バンハネン首相の案内で、フィンランドの作曲家ジャン・シベリウス(一八六五―一九五七年)が後半生を過ごした首都郊外の家を訪ねた。 地元の四重奏団がバンハネン首相自ら選んだ「アンダンテ・フェスティバ」など三曲を演奏すると、小泉首相は「初めて聞く作品だが、大好きな作曲家の新しい曲を発見するのは嬉しい」と上機嫌。バンハネン首相が「小泉首相はフィンランド人よりシベリウスに詳しい」と言うと、「私もそう思います」と応じ、座は笑いに包まれた。 ただフィンランド政府一丸の接待も、ハロネン大統領とバンハネン首相の間で、どちらが歓迎晩餐会を主催するかで綱引きがあった。一九九九年に一部改正された憲法は、大統領と首相の外交権限の境界が曖昧で、国際会議の度に「フィンランドを代表するのはどちらか」で確執が続いていた。結局、ここ数年“二皿外交”と揶揄されている慣例に則り、初日(十日)夜、別々に歓迎晩餐会を開くことになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順