堕ちゆく世界の迷走
堕ちゆく世界の迷走(51)

「師走総選挙」の争点は今後の「経済ビジョン」

執筆者:青柳尚志 2014年11月26日
エリア: 日本
 解散会見では熱弁をふるったが……(C)時事
解散会見では熱弁をふるったが……(C)時事

 サプライズ(驚き)というより、ショック・アンド・アウォー(衝撃と畏怖)というべきだろう。11月18日、安倍晋三首相は衆院解散の剣を抜いた。投票日は12月14日、赤穂浪士の討ち入りの日である。選挙の焦点は、野田佳彦首相による2年前の解散と同じ消費税である。経済と財政をめぐる、この国のかたちが問われようとしている。

 

官邸に一杯喰わされたメディア

 2015年10月に予定されていた消費再増税の1年半延期と衆院の解散。18日の安倍首相の解散表明は、メディアによって事前に報道された通りの中身だった。年内解散の観測を最初に報じたのは『週刊文春』(11月6日発売)で、この時点で世間は「週刊誌の飛ばし記事」くらいに受け止めていた。その後、9日付の『読売新聞』が1面ワキの記事で年内解散の可能性浮上と伝える。投票日について12月14日と21日の両日を挙げていたのが印象的である。

 この“眉唾”が出た後の10日の時点でも、凡庸なジャーナリストたちは「『読売』報道は眉唾だ」と自己保身に走っていた。「再増税見送りなら解散」などといった書きぶりは、「典型的な『れば』『たら』記事だ」といった具合だ。「れば、たら記事」とは「もし~なら」といった条件をつけて、つまり逃げを打っての観測記事をいう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順