家電品を大量にまとめ買いする中国人も珍しくない(C)時事
家電品を大量にまとめ買いする中国人も珍しくない(C)時事

 日本政府観光局(JNTO)の推計によると、昨年1年間に日本を訪れた外国人は1341万人と過去最高を記録した。前年の2013年に初めて1000万人の大台に乗せたばかりで、1年で300万人、率にして29%という驚異的な伸びとなった。

 大挙して外国人が日本に押し寄せているのは、間違いなくアベノミクスの効果だ。大胆な金融緩和によって円安が進んだことで、旅行費用が割安になったアジア諸国で日本観光ブームが起きているのだ。日本政府によるビザ発行要件の緩和や、日本旅行キャンペーンなど、地道な努力が実を結んできたとも言えるが、何よりも円安が利効いているのは間違いないだろう。

 昨年1年間で最も多く日本を訪れたのは台湾からの283万人で、長年トップの座を守ってきた韓国を抜いた。台湾の人口は2300万人余りだから、単純計算すれば8人に1人が日本にやって来たことになる。ブームの凄まじさが分かるというものだ。

 中国からの訪日客数も急増した。尖閣諸島の国有化問題(2012年9月)をきっかけに激減していたが、昨年初から急ピッチで戻りはじめ、月間ベースでは、尖閣が問題化する前のピーク(2012年7月)をすでに超えている。都内などで中国人観光客を多く目にするようになったのを数字は裏打ちしている。このほか、香港、マレーシア、シンガポール、インドネシアといった国も2ケタの伸びを記録、軒並み過去最高となった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順