相次いだ民間参入で競争激化の航空業界 そして早くも再編が

執筆者:山多豪太 2007年6月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

「インドの民間航空は年率二〇%のペースで成長している。四年で二倍になると言うことだ」 超大型旅客機A380のデモ飛行のため訪印した欧州エアバスのジョン・リーヒー最高執行責任者(COO)は五月上旬、記者団に対してインド市場への並々ならぬ熱意を示した。同社の予測によると、インドでは今後二十年で、千百機・千五十億ドル相当の航空機需要が見込まれる。実際、二〇〇五年以降だけでも、国営エア・インディア(AI)がボーイング777など六十八機・七十一億ドルの大型購入契約を結ぶなど、発注数は三百機近くに達している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順