NTTデータはそれでも“領土拡大”に走るのか

執筆者:大神田貴文 2007年9月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

天下りを受け入れ一括受注――そんな手法は通用しなくなる。それでも公共分野に手を出すのなら、責任も伴うことを肝に銘ずべきだ。 この二カ月というもの、NTTデータは「消えた年金」の尻ぬぐいに追われていた。五千万件にのぼる年金記録の照合(名寄せ)プログラム。その開発を利益なしの実費で引き受けた同社は、早々に年金システム対策本部を設置した。担当の公共部門だけでは人手が足りず、応援部隊も交えて開発作業を進めているものの、「所詮はトラブルの後始末。社内でも後年“なかったこと”にされかねず、志願者は少ない」(関係者)という。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top