いまや政治宣伝の場 変質した世界華商大会

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2007年11月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾

 九月十五日から十七日まで神戸と大阪を会場に、第九回世界華商大会が開かれた。一九九一年の第一回シンガポール大会を皮切りに香港、バンコク、バンクーバー、メルボルン、南京、クアラルンプール、ソウルと各都市華人企業家組織の中華総商会が持ち回りで隔年開催し、《中華》をルーツとする世界各地の企業家が一堂に集まって商機拡大を狙ったものだ。 第一回大会前後の東アジアは「成長のアジア」と喧伝され、華人企業家が旺盛なビジネスを展開する一方、中国は天安門事件の後遺症に悩まされていた。だから《中華商業文化》が共通する両者を結びつけることで、「双贏(win-win)」の関係を築こうというのが、大会を仕掛けたシンガポールのリー・クワンユー上級相(当時)らの考えだったはずだ。この目論見が奏功し中国経済を発展軌道に乗せたものの、周辺諸国は中国に脅威を感じはじめた。そこで華人企業家が一堂に会して中国市場における企業活動を論議することへの強い不快感が、周辺諸国から表明されるようになる。 第二回香港大会ではリー・クワンユーが「我々の企業活動の本拠は中国市場ではない。現に自らが住まう国だ」と言明し、第三回から第五回まで、大会当事者は中国市場との結びつきを極力薄め、自らが住まう国の政府を刺激することを回避するように努めた。だが九七年のアジア通貨危機と好調中国経済が、大会の性格を一変させた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順