韓国 超学歴社会が生む早期留学

平井久志
執筆者:平井久志 2007年12月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 朝鮮半島

 年末に大統領選挙を控える韓国で今年七月ごろからメディアを騒がせてきたトップニュースは、東国大の申貞娥元助教授の学歴詐称事件だった。米エール大学での博士学位取得が虚偽だったことが判明しただけでなく、女性の申元助教授と卞良均青瓦台(大統領官邸)政策室長の「不適切な関係」が暴露され、政権スキャンダルにまで発展した。 この事件をきっかけに韓国の各界で学歴問題が浮上し、有名人たちの学歴詐称が次々に暴露されるという事態になった。大学教授やテレビ番組の司会を務める人気芸能人らの学歴詐称が明らかになり、演劇界のトップ女優、尹石花さんもホームページで名門の梨花女子大に入学したという経歴は嘘だったと明かし「三十年間、良心の呵責に苦しんだ」と告白した。 韓国社会は日本以上に激烈な競争社会であり、他人との「差別化」のために学歴が尊重されている社会でもある。むしろ学歴差別を当然視する一方で、いかに貧しい家庭に育っても有名大学さえ卒業できれば上層階層に入ることができた。「学歴」はそのために欠かすことのできない階段でもあった。 教育指標の国際比較をまとめた日本の文部科学省によれば、〇四年の韓国の現役大学進学率は九割に迫る。五割そこそこの日本を大きく上回っているだけでなく世界のトップレベルだ。この統計は短大なども含んでいるが、韓国はすでに「大学全入時代」になっていると言ってよい。これが逆に「大学へ行かなければ脱落する」との社会的な雰囲気をつくり出している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順