行き先のない旅
行き先のない旅(57)

欧州で誇らしい「日本の色」

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2008年2月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 あるとき、日本文学を専攻したフランス女性と話すことがあった。どうして日本に興味を持ったのか尋ねると、「こんなに色彩の表現が豊かな言語は、ほかにないと思ったから」と言う。 西洋では、緑は緑。黄と青が物理的に混ざったもの。青みがかったものまで、緑という言葉の守備範囲に入れてしまう。それに比べて、日本は若草色、萌黄色、深緑……と実にいろいろな表現があるというのだ。赤やピンクにしても、西洋の感覚にはない、色の奥にふと広がる表情や景色があるのだという。 たとえば薄紅といっただけで、はらはらと散る桜の淡い色が、茜色といえば、闇に沈みながらもまだ燃える空の色、これが朱といえば、堂々とした大鳥居が浮かんでくる。「明晰でなければフランス語ではない」という名句があるそうだが、それとは対極にある、言葉の奥から、そこはかとなく滲み出るもの、それに惹かれて日本文学を選んだそうだ。 日本語も古代には、色そのものを指す語はなく、赤、黒、白、青は、形容詞の「明かし、暗し、顕し、漠し」という、光の明暗や濃淡を示す表現に由来していると読んだことがある。 その時代から、「色香」というような言葉が生まれるまでには、どんな変遷があったのだろうか。「色香」は和英辞典を引くと「charm」、和仏辞典でも「charmes」としか出てこない。チャーミングと同じ語源の言葉だが、これだと、あまりに陽気過ぎて、日本語の「色香」のような、そこはかとなく漂う官能の美しさが、抜ける気がする。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順