饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(125)

対立を抱えた米露両国

西川恵
執筆者:西川恵 2008年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 北米

 ロシアのプーチン大統領の“引退”を五月七日に控えた四月五、六の両日、同大統領とブッシュ米大統領の最後の会談がロシア南部のソチで行なわれた。 両首脳はこの七年間に二十七回会い、率直に考えを伝える関係を作ってきた。互いに別荘に招くなどウマも合った。初会談はブッシュ大統領が就任して五カ月後の二〇〇一年六月、スロベニアだった。このときブッシュ大統領は「プーチンとは心が通じ合える」と語っている。 現在、両国は米国の欧州でのミサイル防衛(MD)施設建設、北大西洋条約機構(NATO)へのウクライナとグルジアの加盟問題、コソボのセルビアからの独立など、多くの対立を抱えている。ただ米大統領はこれを首脳の個人的関係で補うことで、両国が感情的対立に陥らないよう気を配ってきた面がある。プーチン大統領も同様で、9.11テロの際には、各国首脳の中で真っ先に米大統領に電話した。 二十八回目となる最後の会談は、個人的関係を締めくくるとともに、メドベージェフ次期露大統領を米大統領に引き合わせることで、スムーズな米露首脳関係を引き継がせたいロシア側の狙いがあった。会談場所も二〇一四年に冬季五輪が行なわれるリゾート、ソチが選ばれた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順