【ブックハンティング】赤字第三セクターを乱造した霞が関の無能、地方の無知

執筆者:木下敏之 2009年4月号
カテゴリ: 政治 書評 金融
エリア: 日本

 私は、二〇〇五年までの六年半、佐賀市長を務めていた。伯野卓彦著の本書『自治体クライシス』を手に取った時、地方行政の現場に身を置いていた者としても、赤字第三セクター問題は終わった問題ではないのかと思った。なぜなら、十年以上前に全国で公社や第三セクターの破綻が大きく取り上げられ、その処理は相当進んだはずと思っていたからである。しかし、実際に本書を読んでみて愕然とした。多くの自治体では抜本的な手を打たず、十年以上ズルズルと問題を先送りしただけだった。 本書は、青森県大鰐町という人口約一万二千人の町を主な舞台に、一九八六年に当選した油川町長が、国土庁の担当者や国会議員、リゾート会社に乗せられ、巨額な資金を要する第三セクターを次々に設立し、バブルがはじけて財政再建団体転落への危機に陥った過程と、そこから抜けだそうと苦闘する姿が丹念に描かれている。 北海道夕張市の破綻に端を発し、〇七年に「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が制定された。この法律により、これまで特別会計で運営されてきた第三セクターの赤字なども、〇八年度の決算から自治体の会計に計上される。赤字や借金の割合が高い自治体は、財政再建団体入りを余儀なくされる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順