経済危機に救われた李明博政権「奇妙な安定感」

執筆者:黒田勝弘 2009年6月号
エリア: 朝鮮半島

スタート直後から政治的危機に見舞われた李政権だが、「経済挙国主義」が追い風に。二年目に突入した政権の課題とは――。[ソウル発]一年前の今ごろ、ソウルの都心は大規模な“反政府ロウソク・デモ”で埋まり、デモと機動隊との衝突が繰り返されていた。スタート直後の李明博政権は新しい政策の展開もできないまま、デモへの対応に追われた。想定外の政治的危機に見舞われ右往左往した。 反政府デモの背景は米国産牛肉輸入をめぐる“狂牛病騒ぎ”だった。「米国産牛肉を食べると人間狂牛病にかかる!」といわんばかりのテレビの反政府的な虚偽報道をきっかけに、左派など旧政権勢力が街頭闘争で巻き返しに出たのだ。 この狂牛病騒ぎと反政府デモで、政権スタート時には六〇%近くもあった李明博大統領の支持率は、たちまち二〇%前後にまで急落した。現在は三〇%台に回復してはいるが、これを下回ると安定的な国政運営ができないとされる「魔の四〇%」を、依然、下回ったままである。 四月末、国会議員の補欠選挙があった。全国で五カ所の選挙だったが、与党ハンナラ党は全敗した。ハンナラ党は国会で依然、単独過半数を占めているものの、李明博政権としては気になる敗北だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順