北朝鮮「無謀な挑発」の核心は何か

平井久志
執筆者:平井久志 2009年7月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 朝鮮半島

なぜ、これまでの「論理」からは考えられない行動をとり続けるのか。謎を解くカギは四月の最高人民会議での「決定」にありそうだ。「国連安全保障理事会がさらに挑発をしてくる場合、それに対処するわれわれのさらなる自衛的措置が不可避となるであろう。朝鮮半島では冷戦がそのまま持続している。国連安保理がつくり上げた『国連軍司令部』がまさに、朝鮮戦争の休戦協定を締結した一方(の当事者)である。国連安保理の敵対行為は休戦協定の破棄になる」 北朝鮮外務省スポークスマンの五月二十九日付談話の一節である。 北朝鮮の動向が尋常ではない。後継体制は、金正日総書記の三男、金正雲への世襲が実質的に進みつつあるように見える。その一方で、五月二十五日に行なった二度目の地下核実験(二〇〇六年十月以来)に対して国連安保理が制裁決議を採択した場合には、「自衛的措置」として、核実験や長距離弾道ミサイルの発射どころか、朝鮮戦争の休戦協定の破棄を宣言する可能性まで示唆した。目的は「米との交渉」ではない これまで、北朝鮮の強気の姿勢は米国を交渉のテーブルにつかせるためと考えられてきた。そして、その「きっかけ」はいくつかあった。 まず、中朝国境付近で越境したとして逮捕された米国人女性記者二人の裁判(六月四日)である。米国側からはゴア元副大統領やリチャードソン・ニューメキシコ州知事などの「特使」派遣が検討されていた。そして、ワシントンでの米韓首脳会談(六月十六日)では、オバマ大統領自身の口から北朝鮮政策の方向性が語られる見通しであった。さらに七月にはタイで東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)が予定されており、そこで米朝外相の接触も可能である。一連のスケジュールの中で、米国の出方を見定めてから、核実験などの手段に訴えても遅くはなかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順